年齢による目の下のたるみは結局のところ筋肉を鍛えることが効果的

目袋じゃなくて涙袋が欲しい

目袋じゃなくて涙袋が欲しい半信半疑で使い始めたアイクリーム他の方法も併用して効果倍増⁈

長年、涙袋に憧れています。
芸能人やモデル、一般の方でも、笑顔の可愛い人は下まぶたがぷっくりとふくらみ、とても愛らしい表情になります。
しかし、私には涙袋がなく、目袋があります。
目袋は目の下の脂肪のことで、涙袋とは全く違うもの。
笑うとさすがに下まぶたは少しぷっくりします。
しかし、一緒に目袋もふくらみ、涙袋との間に一本の線が出て、どの表情をしても、その目袋が邪魔をして老けた印象になってしまいます。
写真を撮られるのも大っ嫌いになりました。
恥ずかしくて人前で笑うことも億劫になりましたし、無表情でも目の下が目袋の脂肪でぷよぷよしています。
この目の下のたるみは、生まれつきの場合もありますが、年齢で出てくることが多いようです。
年齢を重ねると肌が衰えてきますが、眼球を支える筋肉もまた衰えた時に、眼球の下部分にある脂肪が押し出されるという仕組みだそうです。
顔の中でも特別薄い皮膚が支えられず、それがたるみとなって顔の表面に現れるとのことです。
なるほど、私はその説明を読んだ時にとても納得がいきました。
自分でもそのような感覚が何処と無くあったためです。
年齢による目の下のたるみは、美容外科で取ってもらえると知っています。
ひと昔前では、皮膚を切って脂肪を取り出す方法でしたが、最近ではまぶたの裏側から脂肪を取ってもらえるとのことで、顔に傷を残すことなく取れるのはとてもありがたいと思います。